将来を見据えた資金計画を立てよう

マイホームの購入を決意したら、多くの人が多額の住宅ローンを組むことになるでしょう。購入資金も多額ですが、不動産取得税などのこれから発生する税金のことについても考慮しなければいけません。家族みんなが年齢を重ねると共に、就職や結婚、子どもの出生や進学、定年退職というようなライフサイクルがあります。その中で、どの段階や年代でマイホームを取得するのか、何歳までに住宅ローンを完済したいかなど、将来を想定しながら計画を進めていくようにしましょう。

そして、自己資金はどれくらい集められるか、借りる額の予算はどれくらいかなどを考えていきます。できるだけ自己資金を増やし、借りる額を少なくして、ゆとりのある返済計画を立てることが大事です。高額な住宅ローンを組んだために家計が苦しくなり、家族が不幸になるという結果にならないように、安全かつ確実な資金計画を事前に立てることが必須です。

資金計画のコツ!住宅ローンの頭金について

頭金とは、マイホームを購入するにあたり、物件費用の一部を支払う現金のことを言います。一般的な頭金の額は、家の購入価格の2割程度と言われています。最近では、頭金なしで住宅ローンを組める金融機関もありますが、金利が高いことが条件となる場合があるので注意が必要です。無理なくゆとりをもって長年に渡ってローンを返済していくには、できるだけ頭金を多くしてトータルの借入額を減らした方が、負担が少なくなります。借入額が少なくなると、毎月の利息も少なくなる上に、返済額も減らせるので返しやすくなるというメリットがあります。

名古屋の注文住宅メーカーを探すときには、住宅メーカーの強みや特徴を知ることが大切です。担当者から説明してもらうとわかりやすいです。