春に新生活がスタート!賃貸物件を探すベストな時期

春に就職や進学を機会に、一人暮らしをするという人は多いのではないでしょうか。期待がふくらむ新生活ですが、部屋探しについて疑問や不安もあるでしょう。1年で1番賃貸物件の情報が多く集まるのは、4月の就職や入学のために引っ越しする人が多くなる1月から3月頃です。空き物件が多くなる時期ですが、新しい部屋を求めている人も多いため、通常よりも部屋が埋まりやすくなり、特に良い条件の部屋はスピード勝負となります。また、2月と3月は不動産会社を訪れる人も増えるため、内見の予約も取りづらくなる可能性が高いです。できるだけ1月中に部屋探しや不動産会社の訪問をしておけば、良い物件の部屋を選べますし、ゆっくりと対応してもらえるでしょう。

一人暮らしのベストな間取りのタイプ

一人暮らしの賃貸物件を選ぶ時に、間取り図の見方が理解できなかったり、一人住まいに合う間取りの部屋はどんなタイプなのかわからなかったりする人も多いでしょう。一人暮らしに合う部屋の間取りのタイプは、1Rと1K、1DKがあります。1Rは、部屋とキッチンが一体化した間取りのタイプで、3タイプの中で家賃が1番低いです。1Kは部屋とキッチンが仕切られているタイプになり、料理時にくつろぐ空間の部屋に臭いが充満しにくいという利点があります。そして、部屋とキッチンが仕切られていて、キッチンで食事ができるスペースがある間取りのタイプが1DKになり、家賃は3つのタイプのうち1番高値になります。1Kや1DKの間取りが人気ですが、家賃の予算を抑えたいという方にはネックになるでしょう。生活スタイルの好みや、家賃の予算に考慮しながら間取りのタイプを選びましょう。

地価の関係もありますが、江別の賃貸アパートはかなり格安で借りることができます。広めのアパートでもかなり安いです。