家庭用の灯油タンクが常備されているのが特徴

北海道の賃貸物件は住宅や事務所など用途を問わず、家庭用の灯油タンクが標準設備として付随しているのが普通です。北海道は冬になると気温が下がり、氷点下まで達することも珍しくありません。そのような環境において本州以南で普及しているヒーターや電気ストーブでは部屋を暖めることができません。冷たい外気に負けてしまい、室内も冷えてしまうのです。そのため、火力が強く短時間で室温を上げることができる灯油ストーブが必須です。厳寒期にはストーブを一日中使い続けることになるので灯油の消費量も非常に多くなることから、大量の灯油を備蓄できる家庭用のタンクが必要となるのです。容量が490リットルのホームタンクが北海道でもっとも普及している家庭用の灯油タンクです。

寒さ除けを目的とした二重窓になっている

北海道の賃貸物件、特に住宅物件は多くが二重窓です。窓を二重構造にすることで外気の影響を軽減させることができます。物件によっては三重窓を取り入れている物もありますが、近年では断熱材の品質が向上したことや外気の影響を受けにくい建築工法が普及したことにより、窓が二重になっていない物件が増えています。二重窓が敬遠されている理由として掃除の手間がかかることが挙げられます。窓を二重にするのは窓の枚数を増やすことでもあり、それだけ汚れも付きやすくなる事実は否定できません。現在では窓ガラスに遮熱性が高い特殊なフィルムを貼り付けるなどの方法で外気の影響を軽減させる世帯が増えています。

また、室温を保つための断熱材が市販されていることも二重窓の必要性が低くなっている理由の一つです。

札幌中央区の賃貸物件を探すときには、月の賃貸金額の上限をいくらにするか、いつまでに契約するかを事前に決めておくとよいでしょう。