ローコストで断熱化しよう

かつての住宅では隙間が多く、冬は寒く、結露が発生するというものでした。住宅環境は、人の健康と密接に関係しています。室内の温熱環境が快適に感じられるには、気温と湿度はもちろん、輻射と気流、この4つの要素をバランスよく保たなければなりません。実際に、北海道は気候条件などから早くから全室暖房や高断熱化が進んでおり、脳卒中による死亡率が他の寒い地域と比べても低いことがわかっています。しかしながら、高断熱・高気密の住宅を実現するとしても、コストが気になるという人も多いでしょう。どの断熱工法にして、どんな断熱材を選べばいいのかを知っておけば、ローコストで性能もいい住宅をつくることは可能です。

コスパの良い床断熱も選択肢に

実際に高断熱・高気密住宅を実現するためには、断熱工法を取り入れることに加え、高断熱のガラスやサッシなどが必要になり、さらに性能を高めるのであれば、熱交換換気システムを設置する必要がでてきます。しかし、予算を抑えつつも、価値ある住宅を実現したいというのであれば、内断熱といわれる充填断熱工法と基礎断熱を組み合わせることでローコストを実現することができますよ。また、床下暖房を検討しているのであれば、基礎断熱よりも施工は複雑になりますが、床断熱のほうがコスパもいいです。床断熱は基礎断熱と同様に建物の下部を断熱する方法。使える断熱材の選択肢が増えるため、安価なグラスウールなどでコストを抑えることができますし、逆に他を抑えた分、ここに少し性能が高い断熱材を投入するのも一つの方法です。床断熱は、床下を室内空間に含めない工法のため、換気による熱損失がないことも魅力でしょう。

比較的安価な値段で販売されている住宅のことをローコスト住宅と言います。ローコストの住宅には価格の安さに加え、建築にかかる時間が短いというメリットがあります。